ネットショップをよく利用するならカード番号はショップのシステムに保存しておく?

カード情報を保存しておけば決済が簡単

インターネットショップでクレジットカードを使う場合、利用者がわざわざカード番号などを入力する必要があります。店頭でカードを使うときのように、カードリーダーが存在しないからです。なので、カード番号の入力間違いが起きることもあり、その場合は一から番号を入力していかないといけません。ただ、カード番号の入力が面倒くさいという人のために、大手のネットショップではカード情報を保存できるシステムを備えています。

保存しておいた情報が流出する可能性

カード情報の保存は誰でもできるというわけではなく、ユーザー登録した人のみです。では、ネットショップをよく利用する場合、カード情報を保存した方がいいのでしょうか。保存した場合、なにかデメリットはないのでしょうか。デメリットを一つ挙げるならば、カード情報の流失の問題が挙げられるでしょう。ショップのシステムで保存した場合、もし、システムに脆弱性があったら、カード情報を第三者にダウンロードされてしまう可能性があります。

セキュリティを考えるなら保存は避けた方が安全

また、ショップにログインするためのIDとパスワードを誰かに知られてしまった場合、勝手に買い物をされてしまう危険性もあります。ネットショップには、カードの名義人の住所と商品の発送先の住所を照らし合わせて、もし違っていたらカード会社に警告したり、決済をキャンセルするなどという機能はありません。なので、不正にログインをした人間が配送先の住所を書き換え、勝手に買い物をしても、しばらく悪用されたことがわからない場合もあるのです。なので、セキュリティリスクを絶対に避けたいのであれば、カード番号を保存するのはやめた方がいいでしょう。

決済代行業者とは、信用力が乏しいなどの理由で決済システムを導入出来ない個人事業主などの代わりに、各種決済を代行するサービス業者のことです。導入することで、多くの事業主は業績アップを望めます。