高校中退後の進路にはどんなものがあるの?

他人事ではない高校中退

一昔前は、高校を中退するなどということはあまり考えられない選択肢でしたが、今の時代、高校を退学させられた生徒だけではなく、いろいろな理由から不登校になった子供が高校を中途退学するケースが増えてきています。学校でいじめを受けていた子供はもちろんのこと、その他の理由で傷つきやすい思春期の子供たちが、高校という選択肢を選べなくなることも多々あります。そんな時、次の道を探してあげるのは、本人ではなく周りの大人の役目かもしれませんね。

高校卒業を目指すための選択肢とは

高校中退後、やはり高校卒業の資格を取っておきたいと思う方は多いのではないでしょうか。高校卒業資格を手に入れるための進路はいくつもありますから、自分たちに合った方法を検討して選びましょう。まず一つ目の方法は、全日制の他の高校に転校するというものです。学校を変われば通うことができる方には合っているでしょう。ですが、不登校から中退した方は、他の学校でも通いたくない場合も多いようです。そういう方は、定時制高校や通信制の高校に転入するという選択肢もあります。

高卒認定試験を受けるという選択肢

大学入学資格検定から、高卒認定試験という名称に変わりました。独学で試験に臨む人もいますが、予備校に通いながら勉強する人もいます。いわゆる学校ではなく、予備校だと気楽に通うことができる人も多いようですね。また、通信制の高校で学びながら、専門学校に通っている人もいます。通信制の高校で高校卒業資格を取得し、専門学校で自分がなりたい夢のために専門技術を身に着けるというものです。どの選択肢を選ぶべきか、よく考え、話し合って決めましょう。本人のやる気さえあれば、道は開けていますよ。

高校中退は近年では減りつつあります。しかし、やむをえなく中退をした人達のその後の生活は苦しい事が多いのです。