相続税や贈与税を軽減するために相続税の評価額を下げる

評価額を下げるためには?

相続税をできるだけ安くしたいと考える人は少なくありません。相続税に係る対策をしっかりと講じておけば、確実かつ大幅に節税し得ることになります。平成27年の改正によって相続税は大増税されていることから、節税に係る知識を身に付けておくことに越したことはありません。まず代表的なのは、現金を保有したまま死亡し、これが現金のまま相続された場合と、同じ金額で土地などを取得して死亡して、当該土地などが相続された場合です。

評価額を下げれば相続税を減少し得る

単純に説明すれば、貸家を購入してお亡くなりになり、相続すれば、相続税に係る評価額が3割減少するのです。なぜならば、現金そのものの保有に際しては、税金額計算のもととなる評価額を下げられないからです。不動産の相続税評価額は、およそ3割ほど価値が下がります。したがって、現金で不動産を購入したほうが、お得というわけなのです。その評価額に応じて税額が決せられるのであって、評価額を減少させることによって、相続税を大幅に減少させることができ、節税に繋がるのです。

貸家を建てることによって、さらに評価額を減少させる

アパートやマンションなどの貸家の敷地は、賃貸用の建物を建築し、他人に貸与している土地となってくるので、約20パーセントほど評価額が減少します。借地権割合に借家権割合を乗じたパーセンテージ分、評価額が減少します。この借地権割合は6割ないし7割となっていますが、地域差があります。借家権割合は、全国で3割と統一されています。借地権割合は地域によって異なるため、土地の評価額は18パーセントダウンすることもあれば20パーセントダウンする場合もあります。

自身の資産を配偶者や子供に相続すると相続税を納める必要があります。申告をしなかったり、納める金額を間違えたりしないように、相続の申告を税理士に相談しましょう。