何を基準にすれば良い?通信制高校の選び方とは

学費だけ見ると公立の方がお得

学費を基準として通信制高校を選ぶ際、費用が圧倒的にかからないのは公立です。私立の場合にはそれぞれの学校によって金額に差が出てきてしまいますが、公立では年間3万円程が平均的となっています。しかし、私立は学費が高い分サポート面が充実しているといったメリットが挙げられます。学費だけで言うと公立の方が魅力的ですが、そこだけを見て学校選びをしてしまうのは少し危険です。それぞれの特徴を比較しながら、慎重に決めるようにしましょう。

自分が学びたい分野に合わせる

もし専門的なことについて学びたいのであれば、私立の通信制高校を選ぶようにすると良いでしょう。私立は様々なサポート面の充実に加え、専門的な学習にも力を入れている学校が多く存在します。一方で、公立にはコースが一つしかないというデメリットがあります。そのため、何か学びたいことがあっても学校では学習することが困難なのです。したがって、自分のやりたいことが明確な場合には「それを実現できる学校はどこか」という点にも注目してみると良いかもしれませんね。

通学頻度は学校によって違う

通信制高校は、毎日通学しなくても良いことが魅力の一つですよね。しかし、決められた日数分だけはしっかりと登校しなければいけません。その日数は学校によって異なるため、自分の生活スタイルに合った通信制高校を選ぶことが大切です。また、私立であれば通学頻度を自分で選択することができます。このように同じ通信制高校であっても、私立と公立ではこんなにも違いがあります。慌てず焦らず、自分が求めているものと一致する学校を選んでいくようにしましょう。

通信制高校ならば、自分が興味を持っているカリキュラムや学科を選べます。また、働きながら学びたいと強い意欲を持っている方にぴったりなシステムです。