どのような対策が必要?司法試験に備えた勉強の方法

マークシート方式の筆記試験対策が必要

司法試験は数多くある資格試験の中でも難関中の難関であり、要点を押さえた効率の良い勉強が欠かせません。司法試験ではまずマークシートによる短答式の試験対策が必要です。この筆記試験では憲法や民法、刑法の基本的な法の知識が問われることになりますね。過去の問題を参考にしながら試験の対策を着実に行えば、合格へと一歩近づくことができるでしょう。この試験をクリアしないと論述の採点が受けられないため注意が必要ですね。

論文の試験対策が欠かせない司法試験

司法試験では論文試験が用意されています。この試験では法の知識に加えて、論理的な思考力や文章作成能力についても同時に問われるため注意が必要になるでしょう。論文試験への対策としては、課題に対して重要なキーワードを盛り込めるよう暗記が必要です。また論文試験で難しいのがペース配分であり、判断を誤ると時間内に回答できない恐れがあるでしょう。ただし論文問題は、パターンさえ押さえればあまり恐れる必要はありません。

口述試験の勉強が必要になるケース

司法試験を受験するには法科大学院の過程を修了しなければなりませんが、事前に予備試験を受ければ資格が得られます。ただしこの場合、マークシートや論文の筆記試験の勉強に加えて、口述試験の対策が必要になります。口述試験は筆記試験とは大きく性質が異なり、試験官と対面して冷静に対応できる能力が求められるため、ある程度は口述形式に慣れていなければ本番では力が発揮できません。その点を踏まえての試験対策が必要でしょう。

司法書士の試験に合格をするためには、民法や刑法、商法などの広い範囲の法律の知識が要求されることが特徴です。